イタリアンの開店で悩んだ店舗デザイン

店舗デザインに最後の最後まで悩みました

店舗デザインに最後の最後まで悩みました一歩大きく前進することができたと実感しています優秀なデザイナーとの出会いは幸運でした

以前から夢だった飲食店を始めることになり、イタリアンに的を絞りましたが、肝心の内装や外観といった店舗デザインに最後の最後まで悩みました。
店名や装飾などのイメージや拘りはあったものの、全体的なデザインについては何時まで経っても決まりませんでした。
明確なイメージというものが欠落していたからなのか、あれこれと考えて紙に書き出しても、決定打となる最終候補が定まらずに苦労しました。
勿論、友人に相談したり、アイデアを出してもらったりもしましたが、どれもしっくりこないものばかりで悩み続けることになります。
いっそのこと、見切り発車でとりあえずシンプルなデザインにしておき、店舗が完成してから後で装飾する手も考えました。
これなら店舗が作られる間にデザインを考えられますし、開店を先延ばしにせずに済むと思いました。
ところが、実際はそれほど簡単だったり甘くはなく、曖昧なままでは引き受けられないと言われ続けました。
誰にも引き受けてもらえない状況が続けば、店舗デザインどころか開店さえ危うくなります。
それではいけないと考えを改め、100%の納得や満足感が得られなくても、イタリアン店が形になれば良いと路線を変更しました。
しかし、悩みに悩み続けた時間を思い返すと、そう簡単に割り切れるものではなく、やはり悩みのスパイラルに陥ってしまいます。

イタリアン 店舗デザインレストラン・イタリアン・フレンチ内装